スポンサーサイト

Posted by 姫路市文化センター on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月&5月をかえりみて

Posted by 姫路市文化センター on 14.2011 イベント回顧 0 comments 0 trackback
みなさんこんにちは
手柄山金太郎です。

いろいろと不思議が沢山つまった姫路市文化センターに生息しています。
今回は、新年度になってからの催しをふりかえって、一言。


まずは4月22日。
こんぴら歌舞伎大芝居観劇ツアーのご報告です。

簡単にこのツアーについてご説明。
このツアーは、当財団の友の会会員さまを対象としたイベントです。
毎年4月、香川の琴平町で行われるこんぴら歌舞伎大芝居を観劇すべく、
総勢約40名による日帰りバスツアーを企画しております。


さてさて朝7:10分、姫路駅南口に集合。
皆さまぞくぞくとお集まりで、添乗する金太郎の緊張は高まるばかりです。

しばらくバスにゆられ、琴平町へ到着。
少し歩いて、歌舞伎が上演される芝居小屋、金丸座へ向かいます。

こんぴら坂道
この写真ではわかりませんが、ちょっと坂道が大変です。

あいにくの雨でしたが、
金丸座の前は芝居の始まりをいまかいまかと待つお客様でびっしりです。
そして開場…!

いりぐち

入り口は少し狭く低く作られているため、
地元の大学生の方々が、手でお客様の頭を守りながら中へ誘導してくれます。

今回観劇した、第一部の演目は

「一谷嫩軍記  熊谷陣屋

「天衣紛上野初花 河内山

です。
ひとつめは
平家物語に登場する源氏方の武将熊谷次郎直実(市川染五郎)が、
敵である平家の若武者を助けるため、
代わりに自分の息子を討って首をとったことが明らかになるという場面です。
直実の奥さんが、我が子の首をもって泣き悶えるシーンでは、
涙が止まりませんでした。

ふたつめは、
河内山(松本幸四郎)というしたたかなお数寄屋坊主が主人公のお話。
若い腰元を無理やり妾にしようと、自宅に閉じ込めた大名のところへ、
偉いお坊さんになりすました河内山がやってきます。
宥めたり脅したりと、腰元を解放させる算段をつけたうえ、
さらに袖の下まで手にした河内山。
帰りがけに正体を見破られますが、それを切り抜け、振り向きざまに「馬鹿め!」と一喝。
なんともスカッとする一声でした。


伝統ある金丸座で、舞台にとても近い距離で観劇できる、このこんぴら歌舞伎大芝居。
古い芝居小屋そのままの形ですので、椅子ではなく畳に座布団をひいて座ります。
約3時間、正座でいるのはなかなか辛いものがありますが、
そんな足の痛みを補ってあまりあるほどの楽しさでした。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―


つぎに5月7~8日の第14回姫路ジャズフェスティバルについてです。
先日、1日目の内容についてご報告いたしましたので、今回は2日目を中心に。

1日目はジャズピアニストの守屋純子さんら、プロのアーティストさんたちによる、
バンドクリニック&楽器別クリニック。
そして2日目は、地元のジャズバンドさんたち、そして守屋純子スペシャル・セクステットの皆さんによる
ライブ三昧の一日です。
ありがたいことに当日券もたくさんお求めいただきました。
好きな時間にふらりと立寄れるという、
このイベントならではの楽しみ方を味わっていただけたようです。

さて、本番です。
司会である三浦紘朗さんの心地よい声とともに幕が開き、
各バンドさんとも、じっくりとしっかりと、魅力たっぷりの演奏を聴かせてくださいました。

地元ジャズバンドさんの演奏の後は、
守屋純子スペシャル・セクステットの舞台!

………………!!!!!

この姫路でしか観られない、守屋純子スペシャル・セクステット。
あの瞬間、あの演奏を大ホールで聴くことができた皆さんは、本当に幸運だったのではないでしょうか。

それほどに、
聴く人を魅了する、
熱い魂がこもった、
素晴らしい演奏でした。


このイベントを迎えるたび、
プロのプレイヤーさんたちの演奏を聴いた時の興奮や、
そして楽器のクリニックを受け、
また共に演奏し、
ふれあいが生まれた瞬間の皆さんの喜びや熱気は、
金額には決して換算できないものだなと感じます。


ご来場いただいたお客様、そしてご出演いただいた皆様、
そして守屋純子スペシャル・セクステットの皆様、
ありがとうございました。

来年もまた皆様にお会いできることを祈っております。


以上、駆け足になりましたが、
4月、5月のイベントをふりかえってご報告させていただきました。
スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

姫路市文化センター

Author:姫路市文化センター
姫路市文化国際交流財団が運営する、
姫路市文化センターのスタッフブログです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。