スポンサーサイト

Posted by 姫路市文化センター on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂言って面白い!!!の話

Posted by 姫路市文化センター on 17.2010 催し物のご案内 0 comments 0 trackback
いきなりですが。

「狂言って面白い~~~!!」
と声を大にして言いたいのです。



今度、姫路市文化センター大ホールに
狂言が来るそうです!
(いや、来るそうですって、当財団主催なんですが、
伝聞風に脚色しております。
何卒ご勘弁を。)


そんなわけで(強引に)今回は
「第12回 今日も元気だ!茂山狂言」
の情報をお届けいたします。


『第12回 今日も元気だ!茂山狂言』
平成22年12月5日(日)
14:00~
於姫路市文化センター小ホール
一般:4000円
高校生以下:2000円
全席指定


詳細はこちら


さてさて、狂言ってどんなイメージがありますか?
伝統芸能のひとつなので、おカタイイメージを持っている方も
いらっしゃるのではないかと思います。

いやいやいや。
面白いです。
ただひたすら滑稽だったり、かと思えばちくりとシニカルだったり。
コトバも、歌舞伎やお能のように理解しづらいというわけでもなく、
動きを見ているだけでもなんとなくストーリーがわかります。

問答無用で、おとなもこどもも楽しめるんです!


また近年、NHK教育の「にほんごであそぼ」に、
野村萬斎さんがご出演されています。
そこで使われる言葉の数々は、日本語の「ことば」の魅力を、
力強く鮮やかに伝えてくれます。
これは実際の舞台でも同じこと。
ぜひその響きを、ご自分の鼓膜で、直接感じてみませんか?


…いやはや、「狂言」のアピール部分が長くなってしまいました。
詳しい内容へ参りましょう。


さて、今回の舞台でお届けするのは、
丸石やすしさんによるトーク
「今日も元気です」

そして狂言、
「鶏聟」(にわとりむこ)
「縄綯」(なわない)
「蝸牛」(かぎゅう)
の三本です。


まずは『鶏聟』。
これはお嫁さんの実家へご挨拶に行こうとする、
新米花婿が主人公です。

鶏婿
<鶏聟>

このお婿さん、ある知人に挨拶の正しい作法を聞きに行くのですが、
「“鶏の物まね”をするのが正しい作法だ」と、嘘を教えられてしまいます。
そうと知らずに大真面目で鶏の真似をして
「お義父さんこんちはコケー!」と挨拶にきた花婿に、
義理のお父さんがどう対応するのか…ここがこのお話のミソとなります。
結末は…観ていただいてのお楽しみ、です




つぎに『縄綯』ですが、こちらはある有能な奉公人が主人公。
彼は、御仕えするご主人Aの賭け事の借金のかたとして、
別の主人Bのところへ勤めることとなってしまいます。
ふてくされたこの奉公人、新しい主人Bの下では
えらく不マジメ~な勤務態度を見せるので、
一度、もとの主人Aのもとへ返されることになります。
そこでこの奉公人は、なつかしの主人Aのもと、縄を綯う仕事をしながら、
短い期間お仕えした主人Bの家の愚痴をだらだらとこぼします。
それを隠れて聞いていたその主人Bを激怒させて大騒ぎ…
といったストーリーです。

縄綯
<縄綯>

このだらだら愚痴をこぼすシーンがまるで落語のように披露され、
この狂言の見所となっています。





そして三つ目の『蝸牛』。
蝸牛はご存知カタツムリです。
これが長寿の薬になるから探してこいとご主人に言われた太郎冠者。
つまり太郎君。
太郎君はカタツムリの何たるかを知らずに山に探しにきます。
そこで休んでいた山伏と出会い、あろうことかその山伏をカタツムリだと思い込むんですね。
深くはつっこまないであげてくださいね。
ところがこの山伏もいけずな人でして、
「そうです。僕がカタツムリです」と、いけしゃあしゃあと言ってのけるのです。

蝸牛
<蝸牛>

その後、なぜか二人してお囃子に乗って騒ぎながらご主人のもとへ戻るのですが…
結末は見ていただいての以下同文、とさせていただきます。





あらすじを聞いていると、なんじゃこりゃって思いませんか?
ほんと狂言って、どれも非常に滑稽でナンセンス。
でも観ていてなんだかこう、ぶっと吹き出してしまう面白さがあるんです。

さらに人間の愚かさや、ブラックな部分すらも、
笑いというオブラートに包みつつそっと一緒に添えてあるので、
時々ヒヤッとします…
奥深いですね。
ただその底には、人間への愛があるんではないかと、私は勝手に思っております。
皆さんはどうお感じになるでしょうか…


まぁまぁまぁ、兎にも角にも、この狂言の面白さ、
是非じかに体験していただきたい!!のです!

私もとっても観たい!観たくてたまりません。

しかし私はスタッフですので、当日客席で観られません。

あぁ何たる悲劇!!
お客様が羨ましいったらありゃしません(泣)



そうそう、
上でご紹介した「蝸牛」、
実はよしながふみさんの漫画「大奥」でも、
将軍綱吉が狂言を観劇するシーンに描かれています。

綱吉気分で楽しんでいただくのも、これまた一興かもしれません。



そんなわけで、最後にもう一度。

『第12回 今日も元気だ!茂山狂言』
平成22年12月5日(日)
14:00~
於姫路市文化センター小ホール
一般:4000円
高校生以下:2000円
全席指定


詳しくはこちらをクリック

http://www3.ocn.ne.jp/~bunka/center/kyougen22.htm

ではではまた!
スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

姫路市文化センター

Author:姫路市文化センター
姫路市文化国際交流財団が運営する、
姫路市文化センターのスタッフブログです。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。